2010年01月26日

12月の国内PC出荷台数、4カ月連続プラス- Yahoo!ニュース

12月の国内PC出荷台数、4カ月連続プラス- Yahoo!ニュース


 電子情報技術産業協会(JEITA)が26日発表した2009年12月の国内パソコン出荷台数は、前年同月比11・8%増の102万1000台となり、4カ月連続で前年同月を上回った。米マイクロソフトが昨年10月に発売した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」の対応機種が、引き続きパソコン販売を押し上げているとみられる。

 個別製品では、デスクトップ型の出荷台数が1・8%増の26万8000台で、ノート型は15・9%増の75万3000台だった。パソコン全体に占めるノート型比率は前月比3・9ポイント増の73・8%となり、単月実績としては過去最高となった。
 国内パソコン市場では、08年秋以降の世界同時不況の影響を受け、法人向けを中心に出荷台数の減少が続いていた。JEITAでは「特に法人向けは、政府の経済危機対策の一環の『スクールニューディール構想』によって教育用パソコン需要が本格化し始めた」と法人需要の回復を指摘している。
 一方、出荷金額については6・8%減の892億円と2カ月連続の減少となった。「ネットブック」と呼ばれる低価格の小型ノートパソコンなどにより、販売単価の減少傾向が続いているとみられる。


 JEITA 社団法人電子情報技術産業協会









ノートパソコンのメモリ増設




posted by Jasmine at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。